We Are

Minimal Portfolio Designers

sikinguri

資金繰りが悪化してどうしても融資を受けなくてはならない場合、候補の一つとして考えられるのが消費者金融やノンバンク系の事業者です。銀行などと比べると一般的にはあまり良いイメージではないのかもしれませんが、活用の仕方次第では資金繰り改善に大きく役立つのは間違いありません。ここでは、事業資金の融資を受ける際にサラ金を活用するポイントなどをご紹介しています。

 

資金繰りとは

 

仕入の代金や製造コスト、従業員に支払う給料など会社を存続させるためには必ず資金が必要となります。この資金は主に売上などで賄われるものですから、常に増減しているのが普通だと言えます。支払い予定日に資金が不足する事がないように、資金の残高をしっかりと記録する事・または資金が不足しそうになった場合に早急に対策を立てる事が資金繰りという事になります。また、会社の資金は運転資金と設備資金に分けて考えるのが一般的です。この事から、資金繰りも運転資金と設備資金に分けて考える必要性があると言えます。

 

・資金繰りを記録する事で得られるメリット

 

上記でご説明させて頂いた通り、資金繰りは企業の発展において非常に重要なものです。そして日々の資金繰りを記録し、将来的な資金の過不足を予測するために資金繰り表を用います。財務諸表の一つであるキャッシュフロー計算書は上場企業などで公開が義務付けられている事が多いのですが、この資金繰り表はあくまで企業内で使用される資料として扱われています。作成は任意である事から、まったく手をつけていないという中小企業もあるのではないでしょうか。しかし、資金繰り表を作成して得られるメリットは何も将来的な資金の過不足を予測する事だけではありません。正確な資金繰り表を作成しておく事で経営者・企業が資金繰りに割く時間を減らし、精神的な安心感を得る事にも繋がるのではないでしょうか。

・融資を受ける前にやるべき事は?

売掛金の回収が遅れる・支払期日に間に合わないなど、実際に資金が不足する事態は決して少ないとは言い切れません。資金繰り表で管理している・していないに関わらず、このような事態になってしまった場合の経営者の選択肢としてはまず融資を検討するという方も多いのではないでしょうか。しかし資金繰り表で資金が不足している事を事前に予測しており、支払期日までまだ余裕がある場合は融資を検討するのは少し早いのではないでしょうか。売掛金の回収を早める、仕入の代金支払いを猶予してもらう等、企業・経営者として対処は少なくはないはずです。取引先との交渉のほか売上の増加・減少や過剰在庫が原因となっている場合は経費削減等を行うなど、まずは出来る限り融資以外の対処を検討してみるのが良いでしょう。

最終手段として前向きに融資を検討する

企業内部、そして取引先との交渉などの対処法を行っても資金の確保が支払期日に間に合わない場合があるでしょう。そのような状況で倒産や破産という選択肢を避けるなら、いよいよ融資を検討しなければなりません。事業資金というとまず銀行からの融資を連想するのではないでしょうか。しかし、現在では銀行以外でも事業資金・ローンを取り扱っている事業者は多くあります。個人事業主・法人それぞれに適切な幅広いプランが用意されていますから、自社に最適な融資を探すのは案外難しいものです。以下からは、融資元の候補である金融機関・事業者についてご説明させて頂きます。

・銀行や信用金庫、政府系の金融機関

融資元の候補として多くの企業が真っ先に思い浮かぶのは銀行や信用金庫、政府系の金融機関ではないでしょうか。銀行や信用金庫は無担保で低金利の事業資金を多く取り扱っており、融資を受け長期的に取引を続ける事で金融機関からの信用も上がるというメリットも期待できます。政府系の金融機関としては日本政策金融公庫がありますが、こちらは主に個人事業主・法人の将来性を加味して融資を行っています。また、業績や資金繰りの悪化を主な対象とした「セーフティネット貸付」という制度も存在しており、資金繰りに行き詰った企業にとっては最適な融資と言えるでしょう。ただし、いずれも経営や財務状況を元に厳しく審査されますので、必ずしも融資が受けられるとは限りません。また、既に債務超過となっている場合、融資のリスケ(返済計画の変更)を行っていた場合などは追加融資が受けられる可能性は非常に低くなっているはずです。

・サラ金を利用する

銀行や信用金庫、政府系の金融機関以外ではサラ金から融資を受けるという方法も考えられるでしょう。しかし、サラ金と聞くと悪いイメージを持っている方がまだまだいらっしゃるのではないでしょうか。サラ金は消費者金融が登場して間もない1970年代~80年代に流行した言葉であり、正式には「サラリーマン金融」と呼ばれていました。現在では一般的に消費者金融(または専門の事業者・ノンバンク)の事を指しており、こうした呼び方はあまり使用されません。銀行や信用金庫、政府系の金融機関などと比較すると、「総量規制の対象外」「比較的審査に通過しやすい」という特徴をもっており、個人事業主・法人の利用は年々増加していると言えます。特に近年では個人向け商品として人気の高かったカードローン形式を事業資金にも取り入れた事で、より手軽に利用できるようになった事もメリットの一つとして挙げられるでしょう。事業資金を扱う消費者金融・ノンバンクなどの代表的なものは、アコム・プロミス・ビジネクストなどがあります。

サラ金(消費者金融・ノンバンク)で融資を受ける際に気を付けるべきポイント3つ

ここからは、実際にサラ金(消費者金融・ノンバンク)で融資を受ける際に気を付けるべきポイントをチェックしていきましょう。あくまで基本的な確認事項を元にしていますが、安心して融資を検討するためにも一つずつしっかりと確認してみてはいかがでしょうか。

・サラ金(消費者金融・ノンバンク)の融資は比較的少額

一般的に銀行や信用金庫、政府系の金融機関は500万円以上の大口の融資を取り扱っている事が多いものです。取引先の企業によっては1,000万円を超える融資にも対応しており、金額の上限は非常に高いと言えます。対して、サラ金(消費者金融・ノンバンク)の融資は基本的に500万円以内の小口融資が前提となっています。最終的な融資金額は経営状態や決算書などから判断されますが、初めて申し込む場合などは希望よりも低くなってしまう事も考えられるでしょう。

・金利は比較的高めである

一般的に銀行に比べると、サラ金(消費者金融・ノンバンク)の金利は高いと断言できます。金利は金額によって変動しますので一概には言えませんが例えば500万円程度の融資だとすると銀行が1.0%代~14.0%代としているのに対し、サラ金(消費者金融・ノンバンク)は4.0%~18.0%くらいが平均値となるのではないでしょうか。信用金庫は銀行よりも高めの金利となりますが、それでも消費者金融ほど高いという訳ではありません。また、一番金利が低いのは政府系の金融機関であり、中小企業向けの融資を主とする「中小企業事業」では0.3%~1.45%という超低金利となっています。逆に融資のスピードや準備する書類の難易度、審査の通過率はサラ金(消費者金融・ノンバンク)の方が高くなっていますので、融資元は自社の状況に合わせて選ぶ必要性があると言えるでしょう。

「日本政策金融公庫 中小企業事業(主要利率一覧表)」 https://www.jfc.go.jp/n/rate/base.html

・使用用途や条件チェック、返済プランの策定

消費者金融やノンバンクの融資は基本的に事業資金であれば自由としているものが多いのですが、まれに細かく用途を定めているものもあります。また、小口融資が多い事に比例して個人向けのみの融資を取り扱っている事業者も少なくありません。せっかくの融資を無駄にしていまわないためにも、これらの条件を事前にホームページなどで入念にチェックしましょう。逆に、返済プランは柔軟に対応している事業者が多くなっていますので、こちらも合わせて自社に合った融資を探す事が重要です。

【まとめ】サラ金も資金繰りの改善に利用できる

銀行などと比べると、消費者金融やノンバンク系を含めたサラ金はどうしても金利の高さが目立ってしまいます。しかし、融資の可能性やスピードを考えると、決して悪い条件だとは言い切れません。銀行や信用金庫で融資を断られてしまった方は、消費者金融やノンバンク系での借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。

 

※急な資金繰りでお困りの時に参考になる情報が多いのはこちらです

・・・至急の資金繰り